TRAVEL

2021.11.09

いまがチャンス! 「都心」にも「紅葉狩り」シーズン到来! 都内近郊&川崎市随一の紅葉名所「生田緑地」

11月に入り、いよいよ東京都心にも紅葉シーズンが到来! 緊急事態宣言も解除され、昨年よりも紅葉狩りに出かける人も多いはず。今回は、都心から電車で約30分で行ける、神奈川県川崎市で随一の紅葉名所「生田緑地」の魅力をご紹介。

生田緑地は首都圏を代表する緑豊かな自然環境を有し、敷地面積は95.5haと東京ドーム約20個分の広さを誇る。園内には「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」や「川崎市岡本太郎美術館」、本格的なプラネタリウムが人気の「かわさき宙(そら)と緑の科学館」も併設されており、休日には多くの家族連れで賑わう。都心から電車で約30分で行けることから、都内近郊で人気のお出かけスポットだ。


11月に入ると徐々に葉っぱが色づき始め、中旬には紅葉の見頃を迎えるという生田緑地。クヌギやコナラを中心とした雑木林やメタセコイア林が赤色や黄色に色づき、園内全体が紅葉に染まる。園内には多くの紅葉スポットがあり、カメラを片手にした方も多く見かける。

紅葉シーズンに合わせて2021年11月20日(土)21日(日)、生田緑地の中央広場にて「第6回 川崎北部『食の祭典 in 生田緑地』」も開催される。多摩区の一大イベントの一つで、川崎北部地域の40店舗が出店し、食事からスイーツ、川崎市の特産品などさまざまな"食"を提供する。

「食の祭典」は、川崎市北部(多摩区・高津区・麻生区・宮前区)の食文化の発展や地域活性化を図るべく、2016年に多摩区民家園通り商店会により企画がスタートしたもの。また、和太鼓や三味線、ダンス、マジックなどのパフォーマンスステージも開催され、「食の祭典」を大いに盛り上げる。


今年の秋は、都内近郊の紅葉スポットで景色もお腹も満たしてみてはいかがだろう。


【写真17枚】これが都心から30分の景色!? 見事な紅葉に彩られた「生田緑地」。



生田緑地のオススメ紅葉スポット7選!

メタセコイア林:中央広場の奥に潜むエリア。30mを見上げるメタセコイヤの木々が並ぶ、生田緑地で最も有名な紅葉スポット。

奥の池:メタセコイヤ林のそばにあるスポット。色とりどりの紅葉の木が並ぶエリアで、池に映る紅葉が美しい情景を作り出す。

三又路:東口入り口から中央広場に向かう途中にある紅葉スポット。赤々としたもみじが楽しめる。

「枡形山展望台」から眺める全景:360度のパノラマから広大な紅葉風景を楽しめ、晴れた日には紅葉越しに富士山や東京スカイツリーなどが見えることも。

戸隠不動尊跡:枡形山から林道を進むと突然現れる、秘境のような不動尊跡地。モミジやイチョウに囲まれ、参道は落ち葉のじゅうたんで彩られている。

芝生広場:西口の整備事務所の脇の道に入ると現れる、知る人ぞ知る隠れ紅葉スポット。緑の木々の中に、きれいな赤いもみじが映える。

日本民家園:200~300年前の古民家を移築・復原した民家園では、歴史ある古民家と風情ある紅葉が楽しめる。園の外からも眺められる「佐々木家」や「江向家」では、民家と紅葉を1フレームに収めることができ、西口出口に向かう階段から見下ろす風景も格別。



◆生田緑地
住 所:川崎市多摩区枡形7-1-4
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩約13分 小田急線/JR南武線「登戸駅」生田緑地口から徒歩約25分
入園料:無料


◆川崎市立日本民家園
開園時間:9:30~17:00(11月~2月は16:30。入園は閉園時間30分前まで)
休園日 :毎週月曜日、祝祭日の翌日(土日の場合は開園、臨時休園あり)
観覧料 :一般 500円、高校・大学生・65歳以上 300円(要証明書)、中学生以下・市内在住65歳以上 無料(要証明書)
住 所 :神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1 生田緑地内


◆「第6回 川崎北部 食の祭典 in 生田緑地」
開催日程:2021年11月20日(土)、21日(日)
開催時間:10:00~15:00(雨天決行・荒天中止)
開催場所:生田緑地 中央広場周辺
住 所 :川崎市多摩区枡形7-1-4
URL  :https://minkaen-dori.com/foodfes2020.html
 ※当日は必ずマスク着用の上、ご来場ください。

RECOMMENDED


RELATED

RANKING