LIFE STYLE

2021.11.12

「3億円超え」の世界歴代最高額で、「オメガ」の「スピードマスター」落札!

Phillips

スイスはジュネーブの「フィリップス・オークション・ハウス」にて、貴重な年代物の「オメガ スピードマスター CK2915-1」が、オークション予想落札価格だった8万~12万スイスフランを大幅に上回り、歴代世界最高価格である311万5,500スイスフラン(約3億8700万円)で落札されたという。

1957年にプロフェッショナルウォッチ「トリロジー」のひとつとして発売された「オメガ スピードマスター」の第1弾にあたるのが、この唯一無二のタイムピースだ。ちなみにトリロジーにはほかに、「シーマスター 300とレイルマスター」が含まれる。


多くのコレクションアイテムは、何十年も光が入らない場所で安全に保管されてその価値が増すという。しかし今回落札されたオメガ ウォッチは、太陽の光を浴びながら、実際に使用され続けてきたという類まれな背景を持っているという。その結果、鮮やかなミルクチョコレート色に変色した独特の"トロピカル "ダイアルとなっている。

明るく鮮やかなブラウンの色調が、ダイアルに均一に広がっているのは驚くべきことだ。さらに、ダイアルと針に施された夜光塗料にも同じく経年による変色がみられ、魅力的なゴールドの色調を呈している。またこのように色調が均一的であることは、この時計がこれまで損傷を受けてこなかったことを示してもいる。


【写真4枚】これが奇跡の"トロピカル"ダイアル! 「オメガ スピードマスター CK2915-1」。



"CK2915"のリファンレンス番号を持つこのオメガ ウォッチは、1957年から1959年にかけてのみ製造され、バリエーションはわずか3種類だったもの。スピードマスターの初期 モデルであるCK2915-1が貴重なコレクターアイテムとなっているのは、そのような理由からだという。

このモデルの特徴は、大きな「ブロードアロー」の時・分針、メタル製のベゼル、そして楕円形で独特の「OMEGA」の"O"の文字などのダイアルグラフィックが挙げられ、それらが後継モデルとの主な違いとなる。


この第1世代であるCK2915は、コレクターの間では"ザ・グレイル(聖杯)"と呼ばれている。このモデルは、ダイアルではなくベゼルにタキメータースケールを搭載した初のクロノグラフであり、また極めて頑丈で信頼性が高いムーブメントとして名高い「キャリバー321」を搭載した初のスピードマスターでもある。

この時計の新しいオーナーとなった落札者は、時計本体に加えてこの時計が1957年11月22日に製造されたことを示す、オメガのアーカイブ抄本、そしてオリジナルの製品資料も手にしたという。



お問合わせ先:オメガお客様センター TEL:03-5952-4400

RECOMMENDED


RELATED

RANKING